★★★★☆
ずらしハメはもっとAVに取り入れるべき。
パンツで幼さを表現しなければならないロリAVなら尚更です。
これ言うと「ずらしハメはちんこ擦れて痛いから……」って言うのやつが必ず現れるんですけど、女優にはアナルだの喉奥に遠慮なくちんこぶち込んどいてそれは通用しませんよ。
ちんこ擦り切れるまでずらしハメやがれ!!

そんなこんなでこの作品はジュニアショーツでのずらしハメがもちろん目玉!
しかもちょっと他で見ないアングルもあってちょっと勝手に感動しちゃいました。
流れでの片足ろりぱんハメブルマ・ジュニア下着でのおもちゃ責めスク水腿コキといったシリーズ恒例のプレイも楽しめます。

タイトル:MUM-145 担任からここへ来るように言われました。 かえで147cm
メーカー:ミニマム シリーズ:担任からここへ来るように言われました。 発売日:2015/02/01
レーベル:ミニマム 出演者:桐谷愛莉(稲森かえで)

Chapter.1

今回もしっかりずらしハメ。
そして片足ろりぱんハメもある良チャプターです。
このシリーズの他の作品もそうなんですが、女優がほとんど喋りません(マグロではない)。
キャンキャンうるさいよりよっぽどこっちのほうがいいと思うのは私だけでしょうか?

セーラー服 → 女児キャミソール → ファーストブラ という三段活用スクールトップスで嫌が応にも期待が膨らみますね。
控えめデザインのジュニアショーツの上からペンで刺激したり、ずらして手マンをすると、中の方はすでにしっとり濡れてきているご様子。

フェラチオをしてもらったらジュニアショーツずらしハメ
正常位から始まりバック、騎乗位、背面騎乗と体位を変えていきます。
特に良かったのがバックでの煽りアングル!
えっちな部分をしっかりパンツで覆いつつも、その中に出入りするおちんちんがエロティック!
背面騎乗もパンツのお尻が大きく映って尻フェチにはたまりません。

片足ろりぱんハメでは大きく開いた足にひっかけたパンツがたまらない。
ファーストブラとキャミソールの隙間からおっぱいをのぞかせながら正常位でハメて顔射フィニッシュ。

Chapter.2

このシリーズならではと言えるスク水腿コキ。
今回は腿コキするときスク水を上に引っ張っちゃっているのが原点ポイント。
やっぱりスク水はろりぱんつと同じくローレグ・ローカットじゃなきゃ。
スク水尻コキ・スクズボコキ・スク水腿コキの後イラマチオから顔射フィニッシュ。

Chapter.3

これも恒例ブルマ&ジュニア下着でおもちゃ責め&ぶっかけチャプター。
ブルマがおなかまですっぽり覆う深履き学販ブルマ!
やっぱブルマはこうでなくっちゃ。
体操服の下はノンワイヤー・ソフトカップのやわらかジュニアブラです。

たくさんの男たちに全身撫でまわされてローター・バイブ責め。
今回は挿入したバイブをパンツで固定するスタイルです。
椅子のひじ掛けに足を拘束されてガン攻めされながら連続顔射で汚されてきます。

Chapter.4