★★☆☆☆
ミニマムどころかAV業界でも珍しい続編AV。(前作のレビュー
再婚した妻の連れ子に欲情した親父が妻の留守中に悪戯三昧、続編となる本作では妻に嘘をついて2人きりで温泉旅行に行くことに。
前作はろりぱんずらしハメ・片足パンツハメとろりぱんプレイ満載の名作でしたが、本作はだいぶそのへん鳴りを潜めており、ろりぱんつフェチとしては残念でなりません。
一応ジュニアショーツは履いているのですが出番が少なくて少なくて。
ろりぱんつ以外での見所は2回あるおしっこシーンでしょうか。
かなりの勢いで飛び出すおしっこが見ものです。

ストーリーの方ではこういう近親相姦旅行ものでは珍しく、娘が全然乗り気じゃないんですよね。
終始笑顔がなく、義父の誘いにも消極的。
完全に義父の狂った愛情の押し付けと言う構図になっています。
悲惨さは低いけども、後味は良くないです。

ちなみに前作は加賀美シュナには珍しく陰生やしっぱなしでしたが、今回は剃毛パイパン。
ロリ女優としてやっていこうという決意の表れでしょうか。

タイトル:MUM-137 連れ子がやっぱりドストライク 秘密の温泉旅行。 ゆう 147cm
メーカー:ミニマム シリーズ:嫁の連れ子がドストライク 発売日:2014/12/01
レーベル:ミニマム 出演者:加賀美シュナ

Chapter.1


前作のダイジェストシーン。

Chapter.2

自分は九州に出張、娘は友達の家にお泊り、と妻に嘘をついて温泉旅行へ。
部屋に着くなりいきなり女児服スカートをまくっておぱんつチェック。
ヤることしか考えてない最低の親父ですね。
手マン・クンニをしたら仁王立ちフェラ・シックスナイン、自分で扱いて舌射フィニッシュしお掃除フェラをさせます。

Chapter.3


一抜きしたら大浴場へ。
服を脱いで浴場に入った瞬間いしゃがみこんでおしっこしてくれます。
おしっこクンニしたらまたしてもイラマとフェラチオで口内発射。

Chapter.4


花火をしながら「パパと結婚しよう」と左手の薬指に指輪をはめます。
普通の近親相姦モノなら娘が大喜びするところですが、もんのすごい反応悪し。
なんかこの辺で雰囲気怪しい感じがしてたんだよなあ。

部屋に履いてパジャマを脱がせてピンクのジュニアショーツの上から手マンとろりぱんクンニ。
片足パンツで指マンしたら、乳首コキに膝裏コキ、素股から正常位挿入。
なんか本番中も不穏な感じの演技に違和感がありましたが、この後の展開を見てからこのチャプター見直すと、本当に自分本位セックスなのがよくわかります。
最後は舌射して「愛してる」と無理やり言わせるのがなんともまあ……

Chapter.5


朝起きていきなりいたずら。
おっぱいさわり強制手コキさせ、目覚めたところで顔騎フェラに手コキで舌射。
しかし娘が男友達とメールしてることに嫉妬しまくり激怒するというもうほんと●ねばいいのにとしか言いようのない基地っぷりを露わにし、ガムテープで拘束しておもちゃ責め。
でも行為後には頭をなでる独りよがりの優しさを見せるというDV男の見本みたいなクズっぷりでした。

Chapter.6

朝露天風呂で放尿。
相当溜めてたのかすごい勢いでおしっこが飛び出します。
おしっこクンニしたら手コキ・貧乳パイズリ・イラマチオ。
湯船に入ったままハメ倒し、最後は正常位で舌射フィニッシュ・お掃除フェラ。